実写映画化・少女漫画 - 電子コミックはスマホで立ち読み★スマホ漫画のドラマ化コミック,ご紹介!

ハニー/ミスマッチな二人が奏でるピュアでラブリーな恋物語

ハニー/目黒あむ


honey08.jpg
高校入学してすぐに、不良から結婚を前提につきあって下さいと言われたら、どうしますか?

目黒あむの『ハニー』は少女漫画の王道的展開が魅力。ラブリーな絵柄、かわいいカップル、別冊マーガレット連載作品らしくい甘くて真剣なラブストーリーを描いた少女漫画です。

コワモテでも本当は優しくてしかも、料理上手な男子と、もちろん優しくて、ちょっと気の弱い女の子、お互い支え合ったり、おぎない合ったりと、ピュアな恋愛模様がほほえましいですね♪

▼《ハニー》を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


ハニー/あらすじ(ネタバレ注意!)


honey02.jpg
中学の頃、道端に1人の不良少年が倒れてるのを発見した奈緒。

ヘタレの彼女は彼を介抱できず、絆創膏と傘だけ置いて雨の中に少年を放置して立ち去ってしまった。

ところが、奈緒が進学した高校には、その不良少年・鬼瀬もいたのだ。

そのことに気づいた奈緒は、報復を恐れてビビリまくり。

だが、奈緒の前に立った彼の口からは意外な言葉が!

「結婚を前提にお付き合いしてください」!?

ちょっとミスマッチな奈緒と鬼瀬のカップルが繰り広げるピュアな学園LOVEストーリー開幕!!

▼《ハニー》を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


ハニー/レビューや感想


honey01.jpg
何時の時代も少女たちは、こういう純愛物語が大好きです。そんな乙女心に直球ど真ん中な『ハニー』。

絵柄もかわいい、ストーリー展開もかわいい。もちろんハニーは人気作となり、JC・JKの熱い支持を集め、とうとう「honey」として実写映画化に。

主演は、関西ジャニーズJr.の平野紫耀。初の単独主演となる平野くんは、ピュアな不良役・鬼瀬大雅を演じるためにで髪を赤く染めちゃいました。

また、ヒロイン・小暮奈緒役の平祐奈ちゃんも、髪をカット、人生初という(本当かなー)の茶髪に。

ハニーはおっかなびっくりで始まる交際の中で、鬼瀬のやさしさ、意外な一面を少しずつ見つける奈緒と、奈緒の女の子としての魅力や、優しい心を確認しながら、二人の関係がだんだん深まっていくという、素敵な恋物語。

実写でどこまで原作の良さに迫れるかが、映画の見どころではないでしょうかー。

▼《ハニー》配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


ハニー/作品概要


漫画のタイトル:ハニー
作者: 目黒あむ
掲載雑誌: 別冊マーガレット
出版社:集英社
ジャンル:少女マンガ/ラブストーリー/映画化/学園
対応端末:PC・iPhone・iPad・Android・AndroidTab
電子コミックの配信サイト:コミックシーモア
配信既刊分: 第1巻〜第8巻(全8巻完結)

PとJK/これぞ傑作少女の王道!ヒロインの魅力にメロメロ?

◇ PとJK◇三次マキ

PとJK

『PとJK』は三次マキによる少女漫画。明るく一生懸命なヒロインと、節度ある青年警官のほぼラブコメ(笑)なラブストーリー。

本作は映画化が決定しており、ヒロイン・本谷歌子に土屋太鳳、お相手のPカレ・佐賀野功太に亀梨和也のキャストで、2017年の劇場公開が予定されています。

▼PとJKを読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


この配役、原作のイメージとはだいぶ異なる雰囲気ですが、漫画とツライチの映画にする必要はなく、ここは制作サイドの判断一つです。

けど、アイドルタレントの人気によりかかった映画化は、めちゃくちゃ失敗の確立高いんですよね。人気漫画の映画化は否定しないけど、歌って踊れるタレントを主役に抜擢(ばってき)って、いい加減あらためた方がいいと思うんですけど、そう思いませんか?

本作は良い漫画作品ですから、イメージが壊れないようにお願いしたいところです。もちろん、漫画はおすすめ。

◇ PとJK・あらすじ(ネタバレ注意!)

PとJK

とある居酒屋の合コン。

大人の男女が歓談するコンパに参加した女子。

彼女はカコ(歌子)。彼女をだましてテキーラのストレートを飲ませようとするイジワルが一人・・・

そのとき、彼女に救いの手が!

PとJK

実はこのカコ、JKだったのだ。しかも未成年だけでなく下戸。

一方、テキーラを胃袋に葬った男・功太(こうた)。

そして、こっちはP。つまりポリスマーン!!

PとJK

やさしくて、頼もしい彼に恋した純情JKのカコ。

しかし功太はおまわりさん、いいムードになっても警察官の信頼にかけて、JKとのカンケイを疑われるわけにはゆかない。

惹かれあい、相思相愛であることを知った二人の出した結論とは?

少女マンガ史上初、JKがPと××!?

笑えて泣けるLOVE&COPストーリー開幕!

▼PとJKを読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


=========

『PとJK』はとにかくヒロインが可愛いくて萌え、そして性格も良い。こんないい娘に好かれるなんてありえない!ってくらい。

それから、展開がキスどまりで純愛なのも少女漫画らしくて、わたし的にポイント高いところです。

昨今の少女漫画は(非)処女マンガかと思うくらいに、すぐにHをしちゃうヒロインが多くて・・・それはそれで恋愛なんですけど、やはり中高校生の女子が簡単に不純異性交遊(死語デスカー?)に走るのってどうなんだろう?

オトコを知って、おまたが緩くなるのはもっとお姉さんになってからでいいと思うのです。

なんでうぶなJKが大人の合コンに参加するのか?二人の選択肢が「通い婚」しかないのか?などなどいろいろムリもありますけど、そういうのひっくるめても、これは良い作品だと思います。

明るく楽しく、ときどき甘い、PとJKの身分差(?)カップルが織りなす、愛と感動のラブストーリー。少女漫画ファンなら必ずチェック!

▼PとJK 配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


◇ PとJ・コミック作品概要
PとJK
漫画タイトル:PとJK
漫画家:三次マキ
コミックのジャンル:ラブストーリー/少女漫画/女性マンガ/映画化
出版社:講談社
発行レーベル,漫画誌:別冊フレンド
対応端末:Androidスマホ/Androidタブレット/iPhone/iPad/Windows-PC/Mac-PC
配信中電子コミックスタンド:コミックシーモア
既刊単行本:第1巻〜第7巻(2016年現在既刊配信中)

図書館戦争 LOVE&WAR

図書館戦争 LOVE&WAR/有川浩/弓きいろ

図書館戦争 LOVE&WA

『図書館戦争 LOVE&WAR』は有川浩のライトノベルを弓きいろがコミカライズした少女漫画。LaLa連載時に人気作品となり、テレビアニメ化のみならず、劇場アニメ化を果たし、榮倉奈々主演で2013年には実写映画化版がヒット、三日間で25万以上動員の記録を残しています。

出版物の権利を守るため設立された軍隊でのラブロマンスという、ほとんどコメディーみたいな設定の作品ですが、これは一応ラブコメではありません(^^;)ラノベ特有の「異世界」的設定が受け入れられない人はパスするのもOK!…なんですが、面白い作品なので門前払いはちょっとモッタイナイかな…?

▼図書館戦争を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】



少女漫画に登え場するメカ,兵器はショボイのが多いですが、本作もイマイチなのが残念。原発テロとかタイムリーな要素もあり、自衛隊制式の9mm拳銃や89式小銃もそれなり描かれているのに、リアル感がないのがちょっと。

一条ゆかり先生とかイケスミチエコ先生とかメンズ向け以上の作画もあるのだから、少女漫画といってもあと一押しが惜しい!!小物でもリアルだったら、本筋のラブロマンス(?)にもプラスになると思うのです。

少女漫画としてどうなんだろ…と思うような軍隊ラブロマンス…ではなく本格ラブロマンス(どこが本格ナンダ!?(^^;)『図書館戦争 LOVE&WAR』は私のように細々しくつっこまずに、シンプルに少女漫画として読むのがオススメ。

▼図書館戦争を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】



◇図書館戦争 LOVE&WAR 〜あらすじ

図書館戦争 LOVE&WA
「メディア良化法」の法制化以来、本は「狩られる」存在となった。メディア良化委員会発足以来、強制的な検閲が行われ、自由な存続が危ぶまれる状況に陥った図書館は自衛を決意する。

検閲に対抗し本を護ることを任務に設立されたのが、図書館の自衛組織「図書隊」なのだ!!

新人図書隊員・笠原郁は、むかし助けてくれた図書隊員に憧れて図書隊に入隊したのだが…

待ち受けていたのは「憧れの王子様」ならぬ、「鬼教官」!!

抜群の身体能力を誇る都をコワモテの教官・堂上篤による猛烈な訓練がみまう!!!

▼図書館戦争・配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】



図書館戦争 LOVE&WA作画:弓きいろ
原作:有川浩
掲載雑誌・LaLa
出版社・白泉社
カテゴリー・少女コミック
ジャンル・恋愛/少女マンガ/ラブストーリー/アニメ化/映画化/小説コミカライズ
配信中電子コミックサイト・コミックシーモア