電子コミックはスマホで立ち読み★スマホ漫画のドラマ化コミック,ご紹介!

侠飯/とびきり旨そうなオトコのメシ

侠飯/福澤徹三 薩美佑


otokomesi01.jpg
福澤徹三の小説『侠飯』(おとこめし)は原作小説はもちろん、ドラマ化されても大ヒット。もちろんコミック版も人気を集めた任侠グルメ。

漫画版の作画は薩美佑が担当、原作の雰囲気を色濃く伝える画風と、ハードボイルドなんだか、ギャグなんだか混然一体となった、ある意味カオスな雰囲気が魅力の一作です。

▼《侠飯》を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】



登場する料理は「グルメ=美食」というより、もっと身近な料理がほとんどですけど、なんだか食欲がわくようなものが多いかなー。

「美味い」ではなく「旨い」ですかね。個人的には何やら難解な料理より、こっちのほうが親しみやすくていいと思いますけど。

侠飯(おとこめし)/あらすじ(ネタバレ注意)


otokomesi02.jpg
先の見えない就職活動ながら、危機感の欠片もなく、モチベ―ションも低レベル。
若水良太、大学4年の4月の夜のことだった。

コンビニから帰宅の途中、住んでいるアパートの前でトラブルに巻き込まれてしまう。

トラブル・・・それはあろうことかヤクザの抗争戦!?

危うく車にひかれかけ、唐突にはじまった銃撃戦のさなか、一方のヤクザ組長・柳刃竜一のおかげで、命拾いをする良太。

急行するパトカーの気配で、唐突にはじまった銃撃戦は、唐突に終わるものの、良太の部屋が目の前のマンションだと知ると、柳刃の手下の男に「部屋でやり過ごさせろ」と強要される。

断る間もなく、押し込まれ、立ち尽くす良太を前に、どういうものか柳刃が料理を作り始めるのだが────

冷蔵庫の中の貧弱な食材、手際のよい包丁さばき。出来上がったつまみと味噌汁はあきれたことに美味なるものだった。

さてさて、良太と居座りやくざご一党の顛末は???

侠飯(おとこめし)/感想&レビュー


otokomesi03.jpg
『侠飯』(おとこめし)はドラマ化コミックというより、ドラマ化小説といった作品なんです。シチュエーションと展開の妙が面白い一作だと思います。

管理人は料理好きなやくざをメインに据えた漫画作品というと、立原あゆみの『極道の食卓』を真っ先に思い出します。

「食卓」も「侠飯」も物語自体が面白いし、料理が旨そうなのは共通。グルメマンガといっても、大ヒットした作品は基本うんちくばかりで、グルマンごっこの好きな人には向いてますが、登場する料理が浮世離れしてリアルじゃなかったりします。

また、料理絵自体、なんとも微妙だったりもするので、「侠飯」はこの一点だけとっても、料理マンガとして優れていると言えるんじゃないでしょうか。

ほら、料理の匂いや出来立ての熱気が伝わってくるでしょ?

ところで。なんでやくざで料理マンガなんですかね・・・

▼《侠飯》配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


侠飯(おとこめし)/コミック概要


作品タイトル:侠飯
作者(原作):福澤徹三
作者(作画):薩美佑
掲載雑誌:ヤングマガジン
出版社:講談社
ジャンル: 青年マンガ/ヤクザ/グルメ/ドラマ化・映像化
対応端末:PC・iPhone・iPad・Android・AndroidTab
配信既刊本:第1巻〜第3巻(2017現在既刊分)

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/腕さえあれば?医療業界はむつかしい

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/草水敏 恵三朗


syoken01.jpg
『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』は草水敏、恵三朗作の青年マンガ。本作はテレビドラマ化も果たしたコミック作品です。

アクの強い顔と性格の持ち主である主人公が、ややこしい症例を暴き出すと言うルーチンに加え、さらにややこしい院内の力関係やら、慣わしやらをかいくぐるところは見もの。

病院内のかんばしくない事情とか、主人公の大人げない行動とか、医療関係の実際を知らない私には、まるでコメディみたいに感じるシーンもありますが、本作は「本格的」なヒューマンドラマです。

▼《フラジャイル 病理医岸京一郎の所見》を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】



フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/あらすじ(ネタバレ注意)


syoken08.jpg
大学進学を控えた少女が頭部を強打し、病院に担ぎ込まれた。

ひとまずの状態安定に症例検討会は、頭部負傷は問題なしとの断をくだし、椎間板症の疑いだけとの結論を出す。

しかし、それに異論を唱える者がいた。彼の名は岸京一郎(きし・けいいちろう)、担当は病理医。

岸のゴネともとれる態度に、MRIを行い椎間板症の検査を行うことがなし崩しに決定される。

だが、患者にはさらにディープな損傷の疑いがあった。

それに気づいた女医・宮崎は、頭部の検査を岸に訴えるのだが────

もし宮崎の推測どおりなら、少女に残された時間は少ない。

宮崎と岸は少女を救う事はできるのか!?

医師たちの羅針盤となり、人知れず患者を救う病理医・岸。

医師たちはみな、岸を評してこう言う。

「ヤツは強烈な変人だが、極めて優秀だ」と――。

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/感想とレビュー


syoken02.jpg
ヤツは変人って。(笑)お医者さまは大抵変人ですよ。特に切った貼ったの外科は変人が多いようです。つか、ヘンタイ?

知り合いが入院した時の事を少し。入院の原因は骨折です。骨盤だったか脚の骨だったか・・・とにかく脚部−腰まわりの骨折。ちょっとややこしい折れ方だったので、手術してくっつくまでボルト留め。

手術の際に麻酔をかけますが、この程度なら部分麻酔なので、意識はバッチリあるのですね。で、ボルト締めが完了して担当医いわく。

ボルトを小突いて「わかるこれ?w」と。

知り合いは「麻酔のかかってない所は振動がつたわりますからな。気色わるいなそれ。やめてくださいよ」と返す。

それでも件のお医者は「じゃー、こっちはどう?」ニヤニヤとしつこくボルトをコンコン。(*´Д`)/

なんか意味あるんでしょうかね、患部以外でボルトの振動をどう感じるかって。他にも色々、奇矯な行動の例を知ってますよ。

まあ、それでも腕前が良ければ問題ないよなー?って思いながら、この漫画を読みました。

なんか全然感想になってませんけど、ゴメンナサイ。

ただ、本当にこの調子なら、病理医って外科医以上に変わってるとは思います。

外科医を主人公に立てた漫画作品は結構読みましたが、だいたいタイプは二つ。ゴーマンかヒラメキかどっちか、それで共通点はチートな腕前の持ち主の一択。

で、フラジャイルの岸センセですけど、この人「ピアノのムシ」の蛭田敦士みたいな天邪鬼。例によって天賦の才+努力の人ですけど、人としては付き合いにくそう。おまけに顔もこれですから。

日本のコミック・アニメは、製作者のキャラクタに対する愛情が深すぎるぐらいに深いと常々思ってるのですが、これも愛の一部なんでしょうかー。w

さて、このフラジャイルって作品、なかなか面白い作品です。というより傑作の部類。そしてそれ以前に管理人の好む要素が多いのです。

まず、勧善懲悪的でないところが好み。岸センセの意地悪くひねくれてるところも私ごのみ。

と、キャラクタの魅力に着目してしまったのですが、ストーリーがまた良い。各話のエピローグは登場人物の余韻を残しつつ、潔く終わります。

読後感のとても良い作品だと〆ておきましょう。

▼《フラジャイル 病理医岸京一郎の所見》配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/コミック概要


syoken07.jpg
作品タイトル:フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
著者: 草水敏,恵三朗
掲載雑誌:アフタヌーン
出版社:講談社
ジャンル: 青年マンガ/人間ドラマ/ドラマ化・映像化
対応端末:PC・iPhone・iPad・Android・AndroidTab
配信既刊本:1〜第9巻(2017現在既刊分)

ナナとカオル/優等生の美少女とキモオタ男子の、純愛SMラブストーリー

ナナとカオル/甘詰留太


nana001.jpg
近頃はネットの口コミから大ヒットにつながるコミック作品が多いです。たいていは初出が電子コミックとしてリリースされたマンガなのですが、『ナナとカオル』はリアルの紙媒体・ヤングアニマル連載のマンガです。

▼《ナナとカオル》を読む!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


連載開始後、ネットに飛び火し、人気は急上昇、結果、映画化、アニメ化まで果たし、メジャー誌連載でないにもかかわらず全18巻と長期連載をなしとげました。

内容はご存知のかたもいると思いますが、羞恥、緊縛、言葉ぜめ、野外露出を含むSM漫画なわけですが、今までのSM小説や漫画と違うのは、『ナナとカオル』が青春純愛ものでもあるということ。

さらに言えば、本作はラブコメディ色を持つ青年コミックでもあります。

ナナとカオル/あらすじ(ネタバレあり)


nana---01.jpg
学業、容姿ともぬきんでて優れた千草奈々、完璧な美少女、さらに面倒見もよく、行動力もあり、生徒会を引っ張る学園のマドンナだ。

一方、彼女の幼なじみでもある杉村薫は、成績もビジュアルも冴えない童貞男子。日々妄想たくましくネクラな青春を送る、通称・キモムラくん。
nana-01.jpg
やさしい心根、生来の世話焼き気質でもあるナナは、本人の劣等感もおかまいなしに、今日も無自覚にカオルによりそい、あれこれと世話を焼く。

完璧な美少女ナナだが、そんな彼女にも悩みはある。それは成績が伸び悩んでいたいことだ。

志望校のランクを落とすよう担任教諭からアドバイスされるも、ナナは断固拒否。それに対して、担任からは「もっと息抜きを」と。
nana-02.jpg
しかし根が生まじめで無趣味なナナには、息抜きのしかたがわからない。

そんなとき、カオルの母が息子のもちものを預かってほしいと、彼女に紙袋を手渡す。

ところがこの荷物、とんでもないものだった。

なんと!ひわいなボンデージコスチューム!?しかも鍵付きの奴隷仕様────

困惑するナナだったが、じきに「ある事」に気づいてしまい、ますますの困惑に。
nana---02.jpg
それは、このボンデージコスが、ナナのボディにぴったりのサイズであったことだった。

悩ましい誘惑に負けたナナは、服を脱ぎ素肌にボンデージを着け、鏡の前に立つ。だが、そのとき経験したことのない感覚が彼女をつつむ。
nana---04.jpg
そして、故意か偶然か、カギをかけてしまったナナは、このいやらしいコスチュームを脱げなくなってしまって。

カギを持っているのはカオルだけ。羞恥の赤面で素肌をさらし、カオルに開錠を哀願するはめに────
nana---07.jpg
人には明かせない「息抜き」を見つけてしまったナナと、ナナの息抜きにつきあう決心をしたカオル。これは二人が共有した秘密と、純愛なSMラブストーリー。
nana---09.jpg

ナナとカオル/レビューと感想


nana017.jpg
有りえないシチュエーションという点でラブコメディ、美少女が羞恥と快感に悶え、さらなる刺激を哀願する点でSM漫画。カオルがナナとSMプレイに興じても、手つかずのまま愛情深くたいせつに扱う点で、青春純愛ストーリー。

さまざまな要素を一緒くたにしたような設定ですが、ごった煮にならず、奇妙なバランスがとれた作品でした。

ただし、二度にわたる実写映画化は、おおかたのコミック→映画化プランと同じく成功とは言えません。

『ナナとカオル』の最も重要な要素って、ナナという存在なんですが、原作のキャラデザが魅力的すぎて、女優さんがまったく水準に及んでいないのです。。

一作目は永瀬麻帆、二作目は青野未来(わたし、どちらもナナとカオル以前は全く知りません)がヒロインを演じました。

お二方ともビジュアルはそれなりのものですが、ナナを演じるからには「それなり」の美人では困る。よほどのビジュアルでないとナナ役は務まりません。性格設定は演技しだいですが、ビジュアルのほうはどうにもなりませんからね。

ちなみに、永瀬麻帆さんはナナ役登板の同年2011年に引退を表明しています。目立った実績を上げていない中での人気作品の主演に起死回生を賭けていたのか、主演作品を残した心おきない引退だったのか、詳細はわかりませんけど。

▼《ナナとカオル》配信中!▼
35,000の人気コミックが読める!!
コミックシーモア【スマホ対応】


ナナとカオル/コミック概要


nana005.jpg
作品タイトル:ナナとカオル
著者: 甘詰留太
掲載雑誌: ヤングアニマル
出版社: 白泉社
シリーズ: ナナとカオルシリーズ
ジャンル: 青年マンガ/SM/フェチ/アニメ化/映画化/純愛/ラブコメ(エロコメディ)
対応端末:PC・iPhone・iPad・Android・AndroidTab
配信既刊本:1〜第18巻(全18巻完結)